2017年11月11日

スキャルは逆張りで

20171111.png


今回はスキャルピングには逆張りが良いというお話をします

冒頭の画像は下降トレンドからのドテンで上昇に転じたトレンドの

一場面を図にしたものです

相場の世界では頭と尻尾はくれてやれなどといいましてトレンドの

頭から尻尾の全てを頂く様なカツカツのドテン逆張りはハナから諦めて

真ん中の順張りを安全に頂こうなんてことを良くいいます

画像で言えば赤丸のポイントからのエントリーではなく黄色のポイントから

黄色のポイントまでを取る様なことになってしまうこともしばしばです

スイングトレードの様な大きな時間足でそこそこの値幅を取る場合なら

それでもよいですが短い時間足でのスキャルピングでは下手してしまうと

スプレッド負けをしてしまうことも多々あります

ですので短い時間足でスキャルするなら断然逆張りが良く頭から尻尾までの

トレンドの全てを取れるようにエントリーきれば画像の最初の赤丸から天井の

青丸までの全てを利食いすることができます

ではそのカツカツの逆張りのタイミングはどうすれば分かるのか?

そこで活躍するのが当研究所が発見&開発して既に数百人が利用している

究極の反転のサインを小学生でも分かるくらい簡単に知ることができる

最新のロジックがこちらです↓

画像リンクをクリックすると詳しい説明が見れます


簡単強力 ライントレード 

(マイクロダウ理論記述) 単品価格 税込 ¥10,000円


DLmarketで購入



このロジックを使えばどの通貨ペアでも、どの時間足でもいとも簡単に

ドテンのサインを知ることができます

このロジックはドテンのタイミングだけでなく立てたポジションの継続確認

簡単にもできるので利食いのタイミングも簡単に分かりチキン利食い防止

にも役立ちますのでおススメです

既に数百人のユーザーが使用しておりご好評頂いているこの逆張りロジックを

是非、もっと皆さんにもお使い頂きたいと思いここにご紹介します

現在の価格で入手できるのもあと僅かです

また相場に常に存在する知られざる秘密のプライスアクションレートを解説した

セット商品もおススメですので是非ご利用ください


※最新セット商品

ライントレードを極める Wセット 30本限定割引価格 

マイクロダウ理論付属


税込 ¥11,000  (通常価格 ¥16,000)


DLmarketで購入

【ライントレードを極めるWセット 30本数限定割引価格】

DLmarketで購入


こちらの商品は単体でもお買い求め頂けます


不動のプライスアクション 単品価格  税込 ¥6,000円

一般には知られてない重要なポイントが分かる!

※注 マイクロダウ理論は記述されていません


DLmarketで購入


posted by Mr K at 11:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

全ての反転をズバリ当てる

20171015.png


季節はすっかり寒くなりだしました

気温は下がっても当ロジックのユーザーの方の利益は上がる一方では

ないかと思います

前回は最新のドル円30分足の全ての反転ポイントを当てている様子を

ご紹介しましたが今回は5分足での反転を当ててる画像を掲載します

これは最近のドル円5分足の反転の様子がよく分かるレンジブレイクの

一場面を切り取ったものではありますが他の全ての反転ポイントでもこの

運動メカニズムでトレンドは機能していることに間違いはありません

分かりやすく言えば全ての時間足での反転場所はこの運動メカニズムで

上下運動をしているということになります

これはどの通貨ペアでも全く変わることのないロジックなのです

更に言えばこのロジック無しに相場で勝ち続けることは難しいでしょう

自らこのロジックを発見&開発した手前味噌な話にはなりますがこれ以上の

トレンドの反転を正確に全て言い当てる方法を私は見たことがありません

相場がある限り半永久的に使える聖杯と言っても過言ではないロジックです

MT4に搭載されているアクセラレーターオシレーターというインジケーター

との相性が抜群でこのインジの30分足と15分足と5分足のヒストグラム

が全て同じ方向に点灯している時に当ロジックを使い5分足でエントリーすれば

数PIPS抜きのスキャルならば一か月間の勝率が100%だった実績も当ブログで

既に公開しています

数PIPS抜きと侮るなかれチリも積もれば山となりの利益を叩き出しております

そのロジックの名を私はマイクロダウ理論と命名しました

100年以上前から存在していて世界で最も有名なトレンドを知るためのロジック

なのに一般的には全く知られてない知られざる真実があるのです

聖杯探しにお疲れの方には是非ご覧頂きたいロジックです

それは小学生でも理解できるくらい超簡単なメカニズムだったのです

これさえあれば冒頭の画像の様なトレンドの反転をズバズバと判定できます

最後に言いますが全てのトレンドの反転のメカニズムはこのマイクロダウ理論

のロジックにより機能していると私は断定します



このトレードを可能とする基本ロジックを解説したものがこちら

各バナーをクリックして詳細をご確認ください


簡単強力 ライントレード 

(マイクロダウ理論記述) 単品価格 税込 ¥10,000円


DLmarketで購入



※最新セット商品

ライントレードを極める Wセット 30本限定割引価格 

マイクロダウ理論付属


税込 ¥11,000  (通常価格 ¥16,000)


DLmarketで購入

【ライントレードを極めるWセット 30本数限定割引価格】

DLmarketで購入



不動のプライスアクション 単品価格  税込 ¥6,000円

一般には知られてない重要なポイントが分かる!

※注 マイクロダウ理論は記述されていません


DLmarketで購入


posted by Mr K at 15:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

30分足でのレスポンス

20171006dy30.png


今回は当研究所の最終完結ロジックであるⅯダウ理論をまだご存知でない

方の為に当ロジックがどのようなものなのかをご紹介したいと思います

エリオット波動が大が小を兼ねる様な同じ形状を内包するフラクタル構造である

ようにダウ理論も同じ様にフラクタルでもあるのです

ですので少しだけヒントをいうとⅯダウ理論のⅯとはマイクロのⅯなのです

最小単位のダウ理論なのでマイクロダウ理論と呼んでいます

最小単位のダウ理論が見える様になると当然のことながら各時間足でのクイックな

反転ポイントのサインがおのずと見えてきます

このロジックの特徴は全ての時間足で共通に使えるのでスキャルからスイングまで

用途に合わせてお使い頂けるということになります

冒頭でアップしている画像は今月の3日〜6日までのドル円30分足での反転サインを

丸していますがどの反転場所においても100%このマイクロダウ理論でのサインでの

反転となっていてこれを幾ら遡っても全ての反転ポイントはこのマイクロダウ理論で

100%成立していると断言できます

例えばこの同じ期間を5分足や15分足、あるいは1時間や4時間で見てみても答えは

全く揺らぎなく全ての反転場所はこのマイクロダウ理論で確定しています

但し1分足や5分足などの短い時間足では反転サインは正確なもののトレントが短い

場合には稀にスプレッド負けすることもありますがその場合に自分はアクセラレーター

オシレーターの示す方向へエントリーすることを心掛けることでもしリペイントしたと

しても大半は戻してくるので多くは回避できてます

その他、このロジックはトレンドの継続確認も簡単にできますのでチキン利食いの防止

にも役立ちますし、どの通貨ペアでも変わりなくお使い頂けます

最後になりますが相場で勝つには何はなくとも反転のサインを知ることとトレンドの

継続確認は絶対に必須のロジックです

逆にそれさえあれば相場で勝ち続けることが可能となるのです

まだマイクロダウ理論を知らない方はこちらで是非、手に入れてみては如何でしょうか

マイクロダウ理論は当研究所が発見開発したロジックなのでここでしか入手できません

これさえあればあなたの今後のトレードが激変します

値上げ前の限定本数もあと僅かとなっております



このトレードを可能とする基本ロジックを解説したものがこちら

各バナーをクリックして詳細をご確認ください


※最新セット商品

ライントレードを極める Wセット 30本限定割引価格 

マイクロダウ理論記載


税込 ¥11,000  (通常価格 ¥16,000)


DLmarketで購入

【ライントレードを極めるWセット 30本数限定割引価格】

DLmarketで購入


こちらの商品は単品でもご購入できます

簡単強力 ライントレード 

(マイクロダウ理論記載) 単品価格 税込 ¥10,000円


DLmarketで購入



不動のプライスアクション 単品価格  税込 ¥6,000円

一般には知られてない重要なポイントが分かる!

※注 マイクロダウ理論は記述されていません


DLmarketで購入


posted by Mr K at 21:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

レンジは不参加が正解

20170927dy5002.png

※2017年9月27日 20時頃 ドル円 15分足


みなさん、お久しぶりです

今月は初っ端からパソコンのマザボがイカれて4年間使ったパソコンが

お釈迦になるアクシデントに見舞われるとか寒暖の差からか体調を崩したりと

色々とありなかなか更新ができませんでした

今月のドル円はつい最近まで長く続いたトレンドも一休みのレンジブレイク気味

でしたのでトレードは様子見が正解でした

なぜ正解かというと当然ながらレンジでは短いトレンドで上下に振られるため

Ⅿダウ理論で正確に反転を捉えてもスプレッド負けになる場合が多いからです

三角テナントなどでトレードすると段々とトレンドが短くなる罠にはまります

ですから天底ポイントなどでの長いレンジではトレードは休むのが正解です

今回はそんなお休みポイントを簡単に知る方法をご紹介します

一番簡単な見分け方は移動平均線にローソク足が絡んでいるかいないかを見ます

移動平均線にローソク足が絡んでいるか内側にある時は大体がレンジになります

からその場合は様子見にした方が正解かと思います

個人的に移動平均線のパラメーターは25日と50日が一番効くと思ってます

イメージ的には冒頭の画像の黄色い枠内の様な感じの状態の時になります

言い換えると移動平均線と乖離している時にトレードすると良いということです

その状態にある時にこそMダウ理論の正確な反転の見極めが生きて十分な値幅が

コンスタントに取れるのです

この様に無駄な負けトレードを減らしてMダウ理論でどんどん稼いで下さい



このトレードを可能とする基本ロジックを解説したものがこちら

各バナーをクリックして詳細をご確認ください


※最新セット商品

ライントレードを極める Wセット 30本限定割引価格 


税込 ¥11,000  (通常価格 ¥16,000)


DLmarketで購入

【ライントレードを極めるWセット 30本数限定割引価格】

DLmarketで購入





こちらの商品は単品でもご購入できます


不動のプライスアクション 単品価格  税込 ¥6,000円

※注 MD理論は記述されていません


DLmarketで購入




簡単強力 ライントレード (MD理論記載) 単品価格 税込 ¥10,000円


DLmarketで購入


posted by Mr K at 22:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

取引履歴 4日後

みなさん、こんにちは、まだまだ暑い日は続きますね

それでも8月はもう後半なのであと少しの辛抱ですね

熱中症経験者としてはアレは急に襲ってきますからくれぐれも

早め早めの水分補給などのケアを行って下さい

今回は22日に公開した本チャンの片手間にデモトレでテストしてる

MD理論を使った数PIPS抜きスキャルの取引履歴のその後を公開します

その後の4日間は本チャンが忙しくあまりできませんでしたが依然として

連勝続きの履歴は継続中で画像の通りとなってます

塵も積もればなんとやらで今後も福利の力で利益は倍増していくのではないか

と思っているところです

これが10倍の資金で、100倍の資金でと考えたらワクワクしますね

今月はこのデータ取りをして来月はまた違うMD理論を使用したエントリー

方法のテストをしようと考えてます

今月は残りあと4日ですがみなさんもMD理論を使用したご自分に合った

トレードルールを編み出してどんどんお稼ぎ頂きたいと思います




20170825001.png


20170825002.png


このトレードを可能とする基本ロジックを解説したものがこちら

各バナーをクリックして詳細をご確認ください


※最新セット商品

ライントレードを極める Wセット 30本限定割引価格 


税込 ¥11,000  (通常価格 ¥16,000)


DLmarketで購入

【ライントレードを極めるWセット 30本数限定割引価格】

DLmarketで購入





こちらの商品は単品でもご購入できます


不動のプライスアクション 単品価格  税込 ¥6,000円

※注 MD理論は記述されていません


DLmarketで購入




簡単強力 ライントレード (MD理論記載) 単品価格 税込 ¥10,000円


DLmarketで購入




posted by Mr K at 19:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

取引履歴の公開

みなさん、こんにちは

今年の夏は暑くなったり肌寒かったりで困りますね

トレードの方は順調でしょうか

MD理論は100年以上の実績のあるダウ理論が基本ですから

この先も半永久的(相場がある限り)に不滅かと思いますのでご安心下さい

さてさて、極たまにですが熱心な当ブログの閲覧者さんの中には

気合の入った購入前の念押しの質問をしてくる方がおられます

当ロジックのご購入のご検討を頂くことは大変有難いことなのですが

往々にしてこの手の方は既に最悪な商材(当方はこの商材という呼び方が

好きではない)を握らされており、これから購入しようとする商品選びに

超のつくほど過敏になっていらっしゃいます

本当に大丈夫なんだよね? という責任転嫁の念押しと取引データ

開示を要求をしてきたりします

それを見てからじゃないと買わないぞ!と、、、、、

あの〜、無理にお買い上げ頂かなくても全然構わないのですが、、、、と

思わず言いたくなってもここはグッと堪えてスルー、、、、みたいな

気持ちは分かるのですが当方は一流企業のお客様相談室ではないので

当方の説明を信じて頂ける方だけにお買い上げ頂ければよいですから

無理には買わないでもいい感じのスタンスでやっております

この手の方は申し訳ないですが購入後も何かと難癖つけたがるので

本心としたら買って欲しくないとも思ってしまいます

当方はもう既に聖杯は完成させたと思っているので今のこのMD理論を

みなさんにご紹介しているのは芥川龍之介の蜘蛛の糸が切れないように

するための慈善活動みたいなものなのです

良いものを独り占めすると幸せの蜘蛛の糸は切れてしまうからです

言ってみれば幸せのおすそ分けみたいなものです

ですから性能からしたら価格はタダ同然みたいなものだと思ってます

正直、やり方次第では億も稼げると思ってますし

改めて当研究所のロジックの本質から言わせてもらうと当方はトレードの

方法論みたいなものをお教えしているものであり必ずしも記載されている

通りにエントリーしなくてもよいのです

当ロジックの良い所を応用して頂いてご自分に合ったトレードルールを

編み出して欲しいのです

当方の商品に『今だ、死ね』と書いてあったらその通りに貴方は死にますか?

死なないですよね?

沢山の悪質商材でコテンパンにやられた気持ちは何となくですが理解できます

ですが、果たしてそれは本当に最悪な商材だったのでしょうか

ご自分の腕がその内容についていかなかったということは全くないですか

その手の方はどうしても何かを他人のせいにしている気がしてなりません

今はしていませんが昔は競馬もしておりよく攻略本みたいなものを本屋が

できるほど買ったものです

その中には確かにあまり役に立たないものもありましたが自分が納得して

買ったのだから当然ですが作者に文句をいう事はしませんね

それはなぜでしょうか

答えは大の大人が自己責任で納得して購入したからです

当ブログの過去の記事に埋もれてしまいましたが『お問い合わせ』と

いう記事に要求されても当方のデータは一切公開致しませんと書きました

リアルトレードの取引データは公開する気はないですが片手間の実験で

今月の1日からFXTFの新規デモ100万円を使って数pips抜きの

スキャル取引をしたデータがあるのでそれを最初で最後としてお見せします

8月1日からの運用で2,3と用事があって2日ノートレードの本日22日

午前中までの14日間での利益をご覧下さい

52トレード中、49勝3負けですが3負けは実験でダメトレードの

エントリーだったと言い訳はさせて頂きます

負けると気分が悪いのでそこから本気だしたのがグラフに出ています、笑

暇を見ての僅か数pips抜きでも十分おこずかいには困らないですよ

あくまでもデモですが相場はリアルですから

以上


今回の発言でご気分を害した方がおられましたらここにお詫び申し上げます

当方は一般の社会人ですので自由な言動をどうぞお許し下さい



20180822dy.png


これらのトレードを実現する方法を解説したものがこちら

各バナーをクリックして詳細をご確認ください


※最新セット商品

ライントレードを極める Wセット 30本限定割引価格 


税込 ¥11,000  (通常価格 ¥16,000)


DLmarketで購入

【ライントレードを極めるWセット 30本数限定割引価格】

DLmarketで購入





こちらの商品は単品でもご購入できます


不動のプライスアクション 単品価格  税込 ¥6,000円

※注 MD理論は記述されていません


DLmarketで購入




簡単強力 ライントレード (MD理論記載) 単品価格 税込 ¥10,000円


DLmarketで購入




posted by Mr K at 13:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする